その違和感の正体は… 芦沢央「悪いものが、来ませんように」

最近、書店でもPOPなどで宣伝されることが多くなった「芦沢央」さんの作品の「悪いものが、来ませんように」のあらすじや自分の感想について書いていきたいと思います。

あらすじ

助産院に勤める沙英は、自分の不妊と夫の浮気について悩んでいた。仲の良い友達の少ない彼女にとっての唯一の心の拠り所は子供の頃から最も近しい存在である奈津子だった。そしてその奈津子も母や夫、社会とうまく馴染むことができず、沙英を心の支えにしていた。そんな中、沙英の夫が他殺死体として発見され「犯人」が逮捕されるがそれをきっかけに2人の運命は大きく変わっていく。

感想

沙英と奈津子、そして第三者の視点から事件について書かれており、初めは人物が「ごちゃ混ぜ」になるかもしれませんが、読むにつれてこの「ごちゃ混ぜ」になる感覚や物語を読み進めていく中で少しずつ積み重なる二人への違和感がきれいになくなる瞬間がとても気持ちよくて一度読み返したくなりました。

二人の心理描写、支配欲がどんな物だったのか、それをみた第三者がどのように感じていたのかの書き方がこの著者の「人間の暗い部分を表現する力」の凄さを実感しました。

湊かなえさんの表現とはまた違った「人間の怖い部分」がそこにあって読んでいく中で引き込まれていきました。。。自分にもこういう文才が欲しいです。

一つ難点としては奈津子の育児に対する疲弊、沙英の不妊に対しての反応や本人の様子や周りとの疎外感などがかなりリアルに描写されている分、読んでいて疲れてしまうかもしません。

この本を読んで好きだなって感じた方はぜひ同著者の「許されようとは思いません」も読んでみて欲しいです。短編集なのですが、とくに「姉のように」は短編の中でも傑作だと思います!!

コメント

  1. […] その違和感の正体は… 芦沢央「悪いものが、来ませんように」芦沢央が書… […]

タイトルとURLをコピーしました