なんとなくわかる「IOST」

今回は2020年9月8日にコインチェック株式会社でも取り扱いが始まる「IOST」について解説していきます。IOSTはクレジットカードと同等の処理能力を持ったブロックチェーン技術を活用し、様々なサービスで利用できるようにすることを目指しています。

スポンサーリンク

IOSTとは

IOSTとはInternet of Services Token(インターネット・オブ・サービス・トークン)の略称から由来しており、クレジットカードのような認知度や便利性になるような、ブロックチェーン技術を使って様々なサービスを使えるようするスマートコントラクトを利用したdApps(分散型アプリケーション)を構築するための次世代のプラットフォームを目指しています。今までのイーサリアムなどの仮想通貨に挙げられるトランザクションに追いつけないという欠点を克服し、普段の生活の中のオンライン上の決済や送金の処理ができるようになっています。

ブロックチェーンとは、複数のコンピューターを含むネットワークに暗号技術を組み合わせ、仮想通貨などの取引情報などのデータを同期して記録する手法。取引データをブロック単位にまとめ、コンピュータ同士で確かめながら正しい記録をチェーンのようにつないで蓄積する仕組みであることから、ブロックチェーンと呼ばれています。

2020年9月8日にコインチェック株式会社がこのIOSTの取り扱いを始めることで日本で上陸になります。

IOSTの特徴

PoB(Proof of Believability)

PoBはIOSTブロックチェーンによって使用されるネットワークの非集権性を確保するアルゴリズムです。今までのブロックチェーンの主流であったPoW(Proof of Work)に比べて、ネットワークセキュリティを損なうことなく、高いトランザクション速度を実現します。さらにPoBではSERVIというネットワークへの貢献度をブロック生成権の一つの基準にしており、この貢献度が高ければ高いほど、ブロック生成権(さらに報酬の高い処理)を行える確率が高くなります。これにより今までのPoWで使われていたアルゴリズムの欠点であるコンピュータの性能がいいひとがブロック生成権を持ち続けて不正なブロック生成を行なってしまうという問題を改善している。

シャーディング技術

既存のブロックチェーン技術の問題になっていたスケーラビリティの低さという問題に対応しています。スケーラビリティについては別の記事でまとめたので参考にしてください。

この技術は、「shard(破片)」を意味しているようにデータを複数のデータベースに分散配置してデータベースアクセスの負荷を高めないようにする方法です。シャード1つ1つがブロックチェーンで、それぞれでブロックが生成されています。

IOSTの活動

IOSTはDeFi(分散型金融)の分野で積極的に事業活動を行っているいます。DeFiとは、Decentralized Financeの略でインターネットに接続してさえいれば銀行など、従来の金融分野のサービスをブロックチェーンとその上で動くプログラムで実現することを目的にしています。

IOSTはこのDeFiの分野をリードできるような影響力をもちづつけ、2020年後半は新興分野であるDeFi分野のプロジェクトとのパートナーシップの強化およびDeFi分野における新たなサービスの創造を行い、DeFiエコシステムの成長を促進していくとしています。

まとめ

IOSTは9月に日本に上陸する仮想通貨の一つで、将来ブロックチェーン技術を一般に普及させていくために必要な技術を詰め込んだ新しいブロックチェーンです。

IOSTによって将来のオンライン決済での仮想通貨の利用が始まるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました