なんとなくわかる「ロジックボム」

スポンサーリンク

ロジックボムとは

ロジックボム(logic bomb)は、サイバー攻撃に用いられるマルウェアの一つで一定の条件が達成されるまで潜伏してその時間になると作動してデータを破壊する機能を持ちます。別名として「論理爆弾」とも呼ばれます。

物理的にパソコンを破壊するのではなく、パソコンの内部を論理的に破壊することから「論理」爆弾とつけられ、英語でもlogicがついています。

ロジックボムの起動する条件としてあげられるのがある決められた時間やソフトウェアの起動回数、ダウンロードしたソフトウェアの種類などがあり、その条件の達成によって不正なプログラムが起動して破壊行動を行います。

作動してしまうと被害としてはデータの破壊をはじめとして最悪の場合にはOSそのものを破壊することでコンピュータそのものを起動不能にしてただのガラクタに変えてしまいます。

このマルウェア単体では感染機能は持たないため、ウイルスのような他のパソコンへの感染や増殖は行わず、起動して被害を出した後に自らを消滅させます。

ロジックボムによる被害例 チェルノブイリ

この被害例では、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故があった4月26日に作動するように設定されたロジックボムが台湾で作成され、台湾や韓国に大きな被害をもたらしました

ウイルスによってロジックボムを拡散することで多くのパソコンを同時的に破壊を行いました。

この時までロジックボムはあまり有名なマルウェア ではありませんでしたが、この事件によって一気に知名度と危険度が高くなり警戒されるようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました