裏を読むゲーム 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」

ゲームの名は誘拐 東野圭吾

今回は東野圭吾さんの「ゲームの名は誘拐」という小説についてあらすじや感想を書いていきたいと思います。とにかく東野圭吾らしい後半で内容も軽く読みやすかったです。

あらすじ

屈辱と復讐

広告プランナーの佐久間駿介はクライアントである日星自動車の大きな案件のリーダーを任されていたが、新たに日星自動車の副社長となった葛城勝俊によってその案件は白紙となり佐久間だけ案件から外されてしまう。理由は佐久間の提案するやり方の奇抜さは短期的な人気は集めるが長期的な視野で見ていないからだと葛城は告げ、佐久間は葛城に対して腹を立てて葛城の家に直談判に向かった。

佐久間は葛城の家の前に着いた時、葛城の家の柵から一人の少女が出ていくのを目撃する。その少女を佐久間は尾行し、ホテルに泊まるお金のない少女に対してお金とホテルを提供した。少女の名前は葛城樹理といい、樹理は葛城の元愛人の娘で家出してきたとのことだった。佐久間はこの娘を使って佐久間に恩を売ろうと考える。

誘拐ゲームの開幕

樹理が家出した次の日、佐久間は葛城らの参加する会議に出席させられる。葛城は樹里が家出しているにもかかわらず平然と仕事をしており、葛城は皆に対して「商売はゲームであり、命がけのゲームを私は星の数ほど行ってきた。私はゲームには自信がある。今回のプランはゲームプランとしては練り直す必要がある。」と佐久間のプランを否定した。佐久間はこの屈辱を受け、昨日の樹理のことを思い出し葛城に対して恩を売るのではなく、復讐を考える。

樹理は葛城の持つ資産を、佐久間は葛城に対してゲームで勝つことによる優越感を求めて「誘拐ゲーム」を葛城に対して参加する。

感想

注意:若干のネタバレを含みます

このゲームに勝つのは佐久間か葛城か、物語が進めば進むほど面白くて読む手が止まらなくなりました。

葛城になんとしてでも勝って3億円を奪いたい佐久間の緻密で幾重にも考えを張り巡らせた計画とそれをアシストする樹理の掛け合いや誘拐されているにもかかわらずなぜ平然と仕事に取り掛かっていた葛城の策略も読んでいてものすごくドキドキされられる展開です。

葛城の謎めいた行動の理由が判明したときの伏線をしっかり回収した感じがとても気持ちよかったです。どんでん返しに次ぐどんでん返しって感じがよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました