なんとなくわかる「M&A」

スポンサーリンク

M&Aとは

M&A(Mergers & Acquisitions)とは、合併(Mergers)と買収(Acquisitions)を組み合わせた言葉で、他社を自社に吸収合併したり、他社の株式を多く取得し買収することで子会社化することです。事業の多角化、企業グループの再編、事業統合などの目的で実施されます。

ひと昔前にはM&Aは「敵対的買収」という言葉で言い換えられており、あまり良い印象をもたれてはいませんでしたが現在ではM&Aは「国際競争力をつけるため」「国内市場競争力強化のため」「破綻企業再生のため」など企業の力をあげて国力を高めるポジティブな行為とされています。

M&Aには、狭義の意味で指す場合と広義で指す場合が存在します。

狭義のM&Aは合併・買収などにより企業間の資本関係の変化を伴うものを指します。例としては合併、株式取得、事業譲渡、会社分割、吸収などがあります。

広義のM&Aは狭義のM&Aに加えて、販売協力、共同開発研究といった資本の移動を伴わない業務提携などを含めたものを指します。

M&Aの統合方法

M&Aの方法の中に統合という方法が存在します。統合はは持ち株を管理する持株会社となる新設会社を設立し、複数の会社が100%子会社として傘下に収まる手法になります。

合併の統合との違いは就業規則、社内システムなどをまとめるかどうかという違いがあります。合併はいくつかの会社から新しい1つの会社を作るため統合に比べて手間がかかります。

統合は合併する側とされる側の企業間の関連によって「垂直統合型」「水平統合型」及び「混合型」などに分類されます。

垂直統合型

生産を行う工場が「部品工場」や「営業会社」等のサプライチェーンの上流や下流にある工程を企業グループに統合することで市場競争力や資材の供給力を高める形のM&Aになります。上流から下流までを統合することで独自の技術開発が行え、シェアの拡大につなげることもできます。

例:製鉄メーカによる鉄鋼石採掘会社の買収・合併、アパレル企業によるデザインや縫製などを行うメーカ-の買収・合併

水平統合型

同業他社を買収する形のM&A。同業他者を買収することには2つのメリットが存在します。1つ目は企業の規模の拡大です。規模が拡大することでより原材料や商品の仕入れを有利にすることができる分利益も多くなることと同業他社の中でもプライスリーダーのポジションに立って価格の決定権を持てる可能性があります。

例:自動車メーカによる軽自動車メーカの買収・合併

混合型(コングロマリット型)

異業種との合併となるM&A。新規分野・新規市場に進出する目的などで実施されます。企業が新たに新規分野を開拓するよりもその分野の企業をM&Aにより統合することで進出がしやすくなります。他業種を統合するためお互いのメリットがあるか、採算はあるのかをより吟味する必要があります。

例:電機メーカによる不動産会社の買収・合併

コメント

  1. netdeduessel より:

    TOTOが、ドイツの便座メーカーPagetteを、Lixil が、やはりドイツの同業大手、Grohe を買収(吸収)しました。

    いよいよ、ウォシュレットのヨーロッパ上陸?

    かと、興味を持って見ています。

    もし仮に、日本のように一家に一台ウォシュレットが入ればかなりの数になります。

    商売は数。

    かなりの数 = かなりの金額…

    しかも単価は数万円以上…

    でも、成功は難しいと思います。

    その理由は、ヨーロッパの保守性というか、質素性というか…

    彼らは、彼らにとって、本当に必要と思われるものにしかお金を出しません。

    日本人が良いと思ってお金を出すもの = 彼らにとっても同じではないのです。

    日本で売られている商品のほとんどが、彼らにとって不要なのです。

    だからヨーロッパでは、日本人にとっては商品点数不足で不便です。

    日本なら必ず売っているものが、ヨーロッパにはありません。

    それがヨーロッパでのビジネスの難しさです。

    唯一の例外は、アニメや任天堂やセガのゲームでしょうか…

    任天堂がドイツに進出してきた30年以上前、友人が務めるドイツ大手の広告代理店にその話しが持ち込まれました。

    ミーティングが終わって、ドイツの広告代理店での内輪の話では…

    「こんなの売れるわけないな〜」

    でした。

    でも、フタを開けてみれば、その結果は日本やアメリカと一緒。

    でもそれは、例外中の例外。

    日本から持ってくるものをこちらで売るのは至難の技です。

タイトルとURLをコピーしました