なんとなくわかる「ベンチマーク」

ベンチマークとは

ベンチマーク(benchmark)とは、コンピュータにおいてはハードウェアおよびソフトウェアに一定の負荷をかけて処理性能を定量的に評価するための基準のことを指します。定量的に評価することで製品ごとの性能差を比較することができます。

コンピュータ以外にもベンチマークは使われ、測量においては建築物、構造物などの位置や高さなどの水準点または基準点という意味で使われます。

コンピュータのベンチマークを測定するためのテストを「ベンチマークテストといい、このテスト用のプログラムを実行してハードウェア及びソフトウェアの処理性能を測定します。

測定する項目は、CPUの処理速度やグラフィック描画速度、メモリーへのアクセス速度など部分的な性能を評価する場合もあれば、コンピューターシステム全体の処理性能を評価する場合もあります。

かつてのベンチマークは日常生活では活用されない場面をテストするようなベンチマークテストが多く非現実的なベンチマーク性能を測定していました。そのため現在では実際に使われているアプリケーションを用いたベンチマークテストが行われるようになっています。

ベンチマークテストで、1つあるいは複数のプログラムを実行した結果を「ベンチマークスコアと呼び、そのコンピューターシステムや製品がどの程度優れているのかを具体的な数値で表すことができる。コンピュータはCPUやメモリなどのハードウェア、システムやOSなどのソフトウェアを組み合わせているため構成要素が多く構造が複雑なため同じベンチマークテストを用いることで様々な製品に対しての比較をすることができるのがメリットです。

ベンチマークの測定対象

ベンチマークテストにおいて計測する内容は目的によって異なりますが一般的に下を対象にすることが多いです。

  • コンピュータ・・スループット、レスポンスタイムなど
  • CPU・・整数演算、浮動小数点演算などの演算速度の測定、CPU使用率、実行待ちプロセス数など
  • HDD・・HDDの読み込み、書き込みの速度の測定、ディスクビジー率、ディスク実行待ち数など
  • メモリ・・メモリの読み込み、書き込みの速度の測定、メモリ使用量、スワップ使用量など
  • ネットワーク・・トラフィック量など

コメント

  1. […] 富岳の性能は世界最高と言える完成度で現時点で下の4つのベンチマークで1位の4冠を達成しています。 […]

タイトルとURLをコピーしました