なんとなくわかる「RPA」

スポンサーリンク

RPAとは

RPA(Robotic Process Automation)とは、コンピュータ内に仮想的に作られたロボットが、プログラムによって定められたルールやAI(人工知能)によって獲得したルールによって自動的に処理をするツールを指します。

よく使われる分野は事務処理スクレイピングなどの情報収集といったホワイトワーカーがPCなどを用いて行っている一連の作業を自動化します。

これにより人の手を使っていた作業を自動で行うため作業効率の向上をすることができ人件費の削減につながります。現在の働き方改革で残業のカットなど働く時間に関しての制約が増えている日本では会社でのRPAの導入はとても重要になっています。

ITの知識のない人間でもプログラムを用いずに作業を効率化することができるため、IT部署以外でも業務ができるようになるのも効率化につながっています。

RPA導入のメリット

上でも少し紹介しましたがRPAのメリットについてここでは詳しく書いていきます。

単純なデスクワークの自動化・効率化

先ほども述べたような事務処理や情報収集を自動化・効率化することができます。今まで手作業でやっていたものを何もせずともコンピュータがするようになるので利便性は大きく高まります。さらにコンピュータの処理になるため手作業で発生していた単純な計算ミスや入力漏れなどの心配もなくなるのもRPAを導入するメリットになります。

生産性の向上

RPAに作業をしてもらうことで本来作業する時間だったものを他の作業に割くことができるので、より生産性のある業務に取り組むことが可能になります。それにより企業の利益の向上にもRPAは貢献することができます。

人件費の削減

RPAに作業をしてもらうことでその時間分の人件費の削減をすることが可能になります。人材不足もRPAによって解決することができるので人材の有効な活用のためにRPAの導入は必要になっています。

時間を問わずに使える

人間であれば、その業務をする人がいないタイミングがあることもありますがRPAであれば24時間いつでも起動して使うことができるので時間による制約を受けなくなります。その作業が終わらないと次に進めない場合などにRPAは大きな活躍をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました