なんとなくわかる「ブロックチェーン」

スポンサーリンク

ブロックチェーンとは

ブロックチェーン(Blockchain)とは、取引の記録を一定の大きさに区切られたブロックという単位で格納し、チェーンのように連結させた仕組みのことを指します。ブロックを1つのコンピュータでなく複数のコンピュータに分散することでセキュリティの向上をすることができ、記録の改竄が難しいという特徴があります。

ブロックチェーンはブロックを分散して管理されるのが特徴になっており、仮想通貨などのブロックチェーンを使っているサービスを利用しているユーザーのコンピューターに保存されます。

そのため、銀行のような特定の管理機関がないため権限が一箇所に集中すること(中央集権)はなく、システムへのサイバー攻撃に強く運用コストも軽減できるなどのメリットが存在します

ブロックチェーンの技術は2008年に暗号通貨ビットコインの公開取引台帳としての役割を果たすために発明したもので、現在では銀行などの取引履歴などのフィンテック、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨など様々な分野に応用されています。

ブロックチェーンのブロックの中身

ブロックチェーンのブロックには以下の3つが入っている。

取引データ

取引データは仮想通貨の取引や銀行の取引などの履歴が格納されています。いつ誰がどことどれくらいの量を取引しているのかのデータを記録しているためこのデータが流出しないように下の2つを使っていきます。

ハッシュ値

ハッシュ値は、一番最新のブロックのハッシュ値と取引データ、そして後述のナンス値をハッシュ関数によりデータを不規則な文字列に変換したものです。一番最新のブロックがその一つ前のブロックのハッシュ値を持っているため数珠つなぎにブロックがつながっていくのでチェーンという名前がつけられています。ハッシュ値は少しでも取引データが改竄されると全く異なる値が出来上がるためどこで改竄されたのかをハッシュ値を見ることで探すことができます。

ナンス値

ナンス値はハッシュ値を出力する時に使われる数値でハッシュ関数の結果で出てくるハッシュ値が、ある一定の数値よりも低くなる値を指します。ハッシュ値が大きくなるとデータサイズが大きくなるためナンス値でハッシュ値が先頭に0が多く並ぶように調節します。正しいナンス値を探す作業をマイニングといい、マイニングする者をマイナーと言います。

ナンス値を見つけたマイナーには新しいブロックをブロックチェーンに書き込む権利を得ることができ、その報酬としてマイナーには一定額の仮想通貨が支払われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました