なんとなくわかる「ファーストビュー」

スポンサーリンク

ファーストビューとは

ファーストビューとは、Webサイトを閲覧した時にスクロールしなくても表示される画面の部分のことを指します。ファーストビューにどの情報を配置するか、デザインをどうするかをの設定によってPV数の増加やWebサイトへの滞在時間の増加などのメリットにつなげることができます。

このファーストビューはアクセスする端末によって異なり、スマートフォンで見るか、タブレットで見るか、PCで見るかでも異なりスマートフォンでもデバイスによって画面サイズによって見え方が異なるのでしっかり対策することが必要です。

ファーストビューを見てブラウザバックしてしまうユーザも多くいるため、自分のターゲットとなるユーザがWebサイトを訪問した時に興味を持ってもらうように相手が欲しがる情報を入れるようにしましょう。

ファーストビューは訪問するユーザが必ず見る部分のため、ここに広告を配置することで利益を多く獲得しやすくなります。

ファーストビューで注力すること

ファーストビューで考慮することについて以下にまとめていきます

ユーザが求めている情報があることを示す

Google検索などの検索エンジンからサイトを訪問した場合、ユーザは「キーワード」を入力してそのサイトが出て訪問しています。そのためユーザはキーワードに対しての回答があることを期待して訪問しているためファーストビューにはそのキーワードを表示するか、それに関することを記述する必要があります。

ブログのタイトルや記事のタイトルをファーストビューに入れるのにはユーザが求めている情報があることを示すために表示しています。

実績などのサイトや企業の信頼性を示す

ユーザがサイトを訪問した時にそのサイトやサイトの運営会社が信頼できる物であると示すために、企業の実績などを定量的に表示することが有効です。

よくある「〇〇ランキングで一位!」「〇〇に選ばれました」という感じのアイコンを見るとそのランキングを知っていてもいなくても「しっかりしている会社」なんだと思ってしまうようにサイトの信頼性を示すために実績を表すのがいい手段です。

サイトのテーマをユーザに示す

訪問したWebサイトがどのようなことに特化しているサイトなのか、主にどんなことを書いているのかなどサイトの大まかな情報をファーストビューに載せることでユーザの求めるサイトである時に他の記事も見てくれる可能性が高くなります。

ファーストビューに情報を載せすぎてもユーザビリティの低下につながりユーザはテキストを読むことを億劫になってしまうのでよくないですが、伝えるべき情報を最小限でわかりやすく載せるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました