殺し屋の大奔走 伊坂幸太郎「グラスホッパー」

伊坂幸太郎「グラスホッパー」

今回は、伊坂幸太郎さんの超有名作である「グラスホッパー」について書きたいと思います。

あらすじ

この物語は3人の視点によって描かれるため登場人物3人について書いていきます。

鈴木

彼は、妻を交通事故を亡くし、その事故を起こした寺原が罪に問われていないことに気付き復讐を決める。鈴木は事故を起こした寺原という男の父親が社長を務めるフロイライン(令嬢)という会社に入社し寺原に近づこうとする。

フロイラインの仕事の怪しさに見て見ぬ振りしながら入社1ヶ月が経過した時、契約社員から社員になる試験として誘拐した2人組を殺害するように要求される。その殺害に復讐の相手である寺原も見物するとのことで鈴木の元に向かっていたのだが、鈴木の目の見える交差点で寺原は何者かに後ろから押されて車に惹かれるところを目撃してしまう。鈴木と共にその現場を見ていた上司の比与子は寺原を押した人物を相手を押して殺す殺し屋の「押し屋」であると断定し、鈴木に後を追うように命令する。

鯨という名前はでかい図体だから名付けられている。鯨は「自殺屋」という依頼主から指名された人物を自殺させる仕事をしている。鯨自身に相対した人間は全て躁鬱や後悔、自責などマイナスな考えしか浮かばなくなり自ら死を選んでしまうという一種の特殊能力みたいなものを持っており、今までに20人以上を自殺させてきた。

自殺させた人が幻覚として現れる頻度が増えてきた鯨は、あるおじさんから今の仕事のせいでお前は苦しんでいる、だから今の仕事でやり残してことを全て精算してやめるべきだ、と告げられる。鯨は思い返してみるがやり残しで思いつくのはたった1つ、自分の仕事を「押し屋」に先に越されてしまったことであった。

蝉という名前はよく喋るうるさいやつだからこの名前が付けられている。蝉は持ち前の腕とナイフを使って殺し屋をしていた。蝉は岩西という男から指示を受けて殺しを行っており、次に来た殺しの依頼は殺し屋をしている大男を殺害することであった。依頼場所に向かう途中、男性を殴りつけている二人組を見つけて助けるがその2人組が「押し屋」を探していることを知り自分の名を上げるために蝉も「押し屋」を探し始める。

感想

注意:ここからは若干のネタバレを含みます。

とにかく終盤の3人が出会うところから終局に向けての展開がとてもよかったです。「神様のレシピ」ってことがよくわかるような先のことが操られているような感覚、そしてその通りに動いてしまう3人の展開が好きでした。

殺し屋の業界なんておっかないワードを聞くのはこの小説の中だけでいいですけどここまでコードネーム?が面白いなら覗いて見たくもなりますね。スズメバチなんて生活の中でもその色の服を来てると思うとなんか可愛くも感じます。

鯨の特殊能力も普通ならアニメとかの超能力ものみたいに浮く存在のはずなのに、あたかも普通にやってますよって感じで書いているため変に色物っぽくならないのもとてもストーリーのと見やすさ的に素敵でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました