なんとなくわかる「ラスタライズ」

スポンサーリンク

ラスタライズとは

ラスタライズ(rasterize)とは、ベクトル表現で表現されたベクター画像をビットマップ形式のラスター画像に変換する処理のことを指します。主に画像処理の分野において使われる言葉で容量の大きいベクター画像を軽量化したり、画像を加工しやすい状態にします。JPEGやPNGのような画像形式がラスター画像の例です。

ベクター画像とは、点と線を数値化し、それをコンピュータによって描画された画像になります。曲線も関数で表しているため拡大しても画像は綺麗ですが処理が重くなりやすく、画像サイズも大きくなりやすいです。

ラスター画像とは、点ごとの情報を集めて描画された画像です。画像が持つべき情報量が少なくて済む代わりに拡大したときに画像の輪郭がギザギザになります(この現象をジャギーと言います)。

ラスタライズによってできること

ラスタライズを行うことによるメリットは以下のようなことが挙げられます。

画像容量の軽量化

ラスター画像は解像度によって容量が大きく異なるので用途によって画像を軽量化することができます。拡大や縮小には向いていないので軽量化しすぎても使えない場合があるので注意が必要です。

加工がしやすくなる

ラスター画像のように画素ごとに情報を持たせることができるとPhotoshopなどの画像加工を行うツールを利用できます。プログラミングにおいても処理においてラスター画像だと画像認識や物体認識などを行いやすいです。

ラスタライズの注意点

ラスタライズで注意することはラスタライズして出力されたラスター画像からベクター画像を出力できないことです。

なのでラスター画像が出来上がった後にもしサイズ変更する可能性がある場合はベクター画像は消さないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました