なんとなくわかる「HRテック」

スポンサーリンク

HRテックとは

HRテック(HR tech)とは、人材資源(Human Resource)とテクノロジーを組み合わせた造語でITの活用によって人材育成や採用活動、人事活動など業務の効率化を行います

ITの普及によって多くの業務において効率化が行われていたが、人材採用や人事評価などの業務は複雑で多岐にわたるため、なかなか効率化が行われていませんでしたが「SaaS(サーズ)」の普及によりこれらの業務にも効率化が行われるようになりました。

HRテックは日本でもここ数年で注目されるようになりました。日本では特に少子高齢化が進んでおり、労働人口が減少しています。それに加えて終身雇用制度が少しずつ薄れています。そのため企業も良い人材を獲得するために人材採用の活動を今までよりも積極的に行う必要があります。

さらに人材不足も重なっているため企業としては人件費を節約した上で良い人材を獲得することが求められるためHRテック市場は盛り上がりを見せています。

HRテックの事例

SmartHR(労務手続き)

CMで見たこともあると思いますが日本のHRテック企業でNo.1シェアを獲得しているのが「SmartHR」です。業務効率改善として会社の中で使う雇用契約書や入社手続きなどをペーパーレス化してデータとして管理することで従業員の情報を紐付けやすくして管理できます。

従業員もスマホから入力するだけで手続きが完了するため、管理する側だけでなく使う側にとっても利便性が向上しています。

リクナビHRTech(採用活動)

転職する人が増えたことによる採用活動の業務が増加を解消するために出てきたのがリクナビが提供している「リクナビHRTech」です。このサービスでは、その企業にリクナビや転職エージェントを利用して応募した候補者を一括で管理でき日程調整や選考状況を一目で管理することができます。さらに採用活動の情報を入力することで後から各転職エージェントからきた候補者を分析してどのエージェントから送られた人材が優秀であるかなどの判断材料につなげることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました