なんとなくわかる「TCO」

スポンサーリンク

TCO(Total Cost of Ownership)とは

TCO(Total Cost of Ownership)は、電子機器やPC、ソフトウェアなどの購入にかかる費用や維持費や電気代などの管理費、廃棄までにかかるシステムの総所有コストのことを指します。TCOは、初期投資額であるイニシャルコストと、維持管理費用であるランニングコストに大別できます。ここで重要なのがランニングコストについても考慮していることです。

電子機器やPCなどの購入は費用としてわかりやすい「見えるコスト」とされており、その反対に購入後の電気代やメンテナンス代など費用として予測しにくくわかりにくい「見えにくい」コストとされています。

TOCではこの「見えにくい」コストに関しても着目して経営していくために必要な考え方になります

イニシャルコストの例

イニシャルコストは購入から運用開始までにかかる費用が当てはまります。

  • ハードウェア購入
  • 設置費用
  • パッケージソフトの購入費用
  • 開発費
  • 初期教育費など

これらのコストは物理的なもの(壊れない限り使うもの)の購入や実務を伴うものなので「見えるコスト」になります。

ランニングコストの例

ランニングコストは運用開始から廃棄までにかかる費用が当てはまります。

  • 保守・サポート契約費
  • ライセンス料
  • 運用人件費
  • 消耗品費など

これらの契約金やすぐになくなってしまうものは「見えにくいコスト」になります。このコストを計算に入れないと赤字のはずが黒字に見えてしまうこともあるのでしっかり計算に入れつ必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました