なんとなくわかる「ファストトラッキング」

スポンサーリンク

ファストトラッキングとは

ファストトラッキング(Fast Tracking)とは、プロジェクトの工程の中で工期を短くするために、前工程が終わる前に次の工程を開始して並列で作業をする手法です。納期が決まってるプロジェクトの遅れを取り戻すことができますが、デメリットの多い諸刃の剣です。

工期を短くする手法はファストトラッキングとクラッシングの2つに分けられます。

例えば、task1、task2、task3、task4と順番に作業を行う時に、task1の作業中にtask1の終了を待たずに行える作業を同時並行で行うと3つの作業時間で4つの作業を行うことができるので時間の短縮につながります。

トラッキングの例としては

  • 作業を分析し,同時に実施できる部分を複数の作業に分割し,並行して実施する。
  • 先行作業の一部の成果物が完成した時点で,後続作業を開始する。
  • プロジェクトの外部から要員を調達し,クリティカルパス上の作業に投入する。

特にファストトラッキングはクリティカルパス上にある作業を先に行うことで全体の工期を短くすることが可能です。

ファストトラッキングのメリット

ファストトラッキングのメリットは以下が挙げられます。

  • 工期を短くすることができる

ファストトラッキングはこのメリットしかなくその代わりにデメリットが多いため苦肉の策として使うのが通例です。

ファストトラッキングのデメリット

ファストトラッキングのデメリットは以下が挙げられます。

  • 並列した作業の管理が難しい
  • 並列する分人員コストがかかる
  • 作業のやり直しが効きにくい

作業を効率化できない可能性が多いにあるため試行にはリスク管理が必須になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました