なんとなくわかる「組織設計の原則」

スポンサーリンク

組織設計の原則とは

組織設計の原則とは、経営組織という複数の人間を統制して目標を達成しようとする集まりで、効率的に組織を管理するための原則を示したものです。

組織設計の5原則

組織構造には、責任・権限一致の原則、命令一元化の原則、統制範囲の原則(スパン・オブ・コントロール)、専門化の原則(分業化)、例外の原則(権限委譲の原則)と5つの原則があると言われており、詳細は次の通りです。

専門化の原則(分業化の原則)

組織の中で仕事をする時に、機能毎に業務を分業し、1人1人の専門性を高めることで生産性の向上を図るという原則です。

業務を専門化することでスキルの習熟度向上が容易となりミスが減少するばかりでなく、効率化に向けた創意工夫が生まれ責任感が高まるなど、多くのメリットがあります。

権限・責任一致の原則

組織の中の仕事において、義務、責任、権限は等しい関係にあり、権限の大きさは職務および責任に相応するものであるという原則です。

権限に伴った責任を与えることで仕事へのやる気や創造につながります。

統制範囲の原則(スパン・オブ・コントロール)

1人の管理者が統制できる人数には限りがあるという原則です。

管理者一人あたりが統制できる人数は、一般的には5〜10人程度、特定のライン業務であれば20〜30人程度までと言われています。

命令統一性の原則

命令系統の一貫性を維持するため、各担当は1人の上司だけから命令を受けなければならないという原則です。

複数の上司から異なる命令が生じると、情報の共有や報告が伝わりにくくなるばかりでなく、ミスにもつながりやすくなるので命令は1人にのみ与えられるべきです

例外の原則(権限委譲の原則)

経営者(上司)は定型化された日常反復的な業務処理を下位レベルの者に委譲し例外的業務(戦略を立てたり、企画をしたりなど)に専念すべきであるという原則です。権限委譲によって次世代管理者の育成などを期待することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました