なんとなくわかる「イテレーション」

スポンサーリンク

イテレーションと

イテレーション(Iteration)は、アジャイル開発における反復の単位で、計画、設計、開発、テストの一連のウォーターフォールのよる開発で使われていた全工程を1〜4週間に短くしたものです。

アジャイル開発では、概ね数週間程度ごとにこの開発サイクルを繰り返して次第に完成度を高めていきます。短い期間で区切ることで、開発の工程管理がしやすくなったり、計画の変更に対応しやすくなったりする利点があります。

今まではウォーターフォールと呼ばれる開発モデルが使われていましたが、現在ではアジャイル開発によるモデルが使われるようになりました。

イテレーションの流れ

イテレーションはイテレーション1、イテレーション2、と何回もサイクルを回して開発を行います。

計画、設計、開発・実装、テスト、リリースを1サイクルをイテレーションとしてこれを回していきます。

1つのサイクルの流れは以下になります。

計画

ユーザの意見や前回のイテレーションの成果物などの前回のイテレーションを参考にしたり、新たな企画の要件や要求を元に実装する機能やイテレーションの期間などを計画します。

設計

計画で決めた実装する機能を詳細に分割して具体的な実装方法を検討する。ここでの設計を元に開発を行っていく。

開発・実装

設計を元にプログラムをコーディングする。前段階のイテレーションによる成果物との干渉がないかを意識する必要がある。

テスト

開発・実装によりできたものを単体テスト、結合テストを通してミスがないかを確認する。バグやミスが認められる場合は修正する。

リリース

出来上がった成果物をユーザが使える形でリリースする。リリース後のユーザの意見から次のイテレーションにつなげていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました