なんとなくわかる「SFA」

スポンサーリンク

SFAとは

SFA(Sales Force Automation)は、直訳で「営業の自動化」であり、営業活動にITを活用して、営業の質と効率を高め売上や利益の増加につなげようとする仕組み、またはそのシステムのことを指します。

SFAには営業日報の管理に加えて商談管理機能(コンタクト管理、行動管理、評価・実績管理)があり、個人が行う営業における業務をよりスムーズに行えるようになります。

さらに営業を個人個人ではなくチームとして情報を共有することで顧客に対してのアプローチの最適化や業務の効率化を図ることができます。

SFA導入によるメリット

数値としてデータを管理できる

営業のデータを数値として管理することで営業方法の改善や営業戦略の指標にすることができます。

数値化の例

  • どの企業ではどの商品が営業によってどれくらい購入されているか
  • どのようなアプローチによって購入してもらえる可能性高いか
  • 営業成績の推移から目標を立てる
  • どの企業の何回の営業に向かったか
  • サービスごとの営業売り上げがどう変化しているか

チームでの情報共有

個人で営業するのではなくチームとして訪問先の企業の名刺や購買意欲のあるサービスなどの情報を共有することで訪問先に対してより良いプレゼンやアピールをすることができます

コメント

タイトルとURLをコピーしました