その別れは幸か不幸か 伊坂幸太郎「バイバイ、ブラックバード」

今回は、伊坂幸太郎さんの「バイバイ、ブラックバード」について書きたいと思います。感想に関してはネタバレを含むので注意してください。

あらすじ

星野一彦の最後の願いは何者かに<あのバス>で連れていかれる前に、付き合っていた5名の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「上品」―― これらの単語を黒く塗りつぶしたマイ辞書を待つ粗暴な大女・繭美。

ふたりのなんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリー。

内容

借金に首が回らなくなり生きる価値がないと判断され<あのバス>に乗ることが決まった星野がどうしても恋人に別れを伝えるべく繭美とともに5人の恋人に会っていく。

繭美は身長190センチ、体重120キロの大女でとにかくすべてが規格外で変わっている、ハーフであり髪の毛はブロンドだ。

そんな見張り役に振り回されながらも5人の恋人に星野は別れを伝えに行くが、<あのバス>について伝えてはいけないため「繭美と結婚するから」という有り得ないような理由で言いくるめる必要がある。

この理由を聞いた5人の恋人は様々な反応を示し、星野との関係を振り返っていく。

星野はなぜ5股をしているのか、繭美はいったい何者なのか、5人との別れはどうなったのか。

感想

注意:ここからはネタバレを含みます

最後まで読んで一番最初に出たのは「あ、ここで終わるのか」という感覚です。初めから決まっている星野が<あのバス>によって連れていかれるということが最後にはどのような展開になるのか楽しみだったのですがいい感じに予想が外れた感じでした。

星野と5人の恋人とのやりとりは、星野らしい部分がどんどん明らかになっていく感じと繭美との連帯感が強まっていく感じがとても読んでいて楽しかったです。

伊坂さんの作品にある他の作品の登場人物が出てくるように、星野や繭美が登場することを期待してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました