なんとなくわかる「コンテナ技術」

スポンサーリンク

コンテナ技術とは

コンテナ技術とは、実際の環境は別の環境を作り出してシステム開発の環境やテスト環境を作り出してそれぞれの環境で独立してアプリケーションやサーバを動作させる仮想化の技術です。

コンテナ技術は主にサーバーの効率的な利用のために使われていますが、DockerやKubernetesなどの私たちの利用しているアプリケーションにも使われており、DXの開発・発展を支える技術になっています。

コンテナは、実装環境やテスト環境などアプリケーションを動かす独立した空間のことを指します。1つのサーバやOS上にアプリケーションごとのコンテナを用意することでほかのアプリケーションに干渉することなく独立してアプリケーションを動かすことができます。

コンテナを利用することですでにリリースしたアプリケーションでも機能変更やバグ修正を行うときに開発用のコンテナでアプリケーションの修正や開発を、テスト用のコンテナで修正が正しく行われてほかの機能への障害がないかをテストし、本番環境のコンテナに移すことができます。

それにより、アプリケーションの運用がより行いやすくなるなどのメリットが見られます。

サーバの仮想化としていることは似ていますが、サーバは仮想化したときにそれぞれの仮想マシンにOSも載せますがコンテナはOSは含まずミドルウェアとアプリケーションのみを含みます。理由としてサーバの仮想化はハードウェアを仮想化して新しいPCを仮想的に作り出すためのものだが、コンテナはアプリケーションを動かすための環境を作るためのものなのでコンテナはOSまで仮想化する必要がないため、サーバの仮想化とは異なる。

コンテナ技術の仕組み

コンテナ技術には、構成としてコンテナエンジンとコンテナが必要になります。

コンテナエンジン

コンテナエンジンはコンテナを管理する役割を持ちます。機能としては以下になります。

  • コンテナイメージの作成
  • コンテナイメージの共有
  • コンテナの実行

コンテナイメージとはコンテナに含むミドルウェアやアプリケーション、ネットワーク環境などを定義したものでこれを実行することでコンテナが生成されて開発や運用が行えるようになります。コンテナイメージはほかの環境と共有したり、コンテナイメージを検索するなどが可能です。

コンテナ

コンテナはミドルウェアとアプリケーションを含む環境になります。コンテナエンジンからコンテナイメージを実行することでコンテナが生成され、コンテナ内でアプリケーションの開発や運用を行うことができます。

コンテナ技術のメリット

コンテナ技術のメリットは以下になります。

  • ハードウェアを有効利用できる・・・1つのPC上にいくつもコンテナが生成できるためハードウェアのパフォーマンスを十分に発揮することができる、さらにコンテナはOSを含まないためサーバ仮想化に比べて多くのコンテナを生成できる。
  • 管理が簡単になる・・・コンテナエンジンでバージョン管理ができることでどこでも同じ環境にすることができたり、コンテナごとでの管理ができるため仮想化しない場合に比べて簡単になる。
  • 開発や修正が実施しやすい・・コンテナイメージにより本番環境と同じ環境を用意でき、本番環境に影響を与えないコンテナを生成できるためアプリケーションの開発や修正が行いやすい。

コンテナ技術のデメリット

反対にコンテナ技術のデメリットは以下になります。

  • ホストOS以外のOSのコンテナを使用できない・・サーバ仮想化と異なりコンテナはOSを含まないためPCのOSに依存する。
  • 技術的な難易度がある・・仮想化の技術を身に付ける必要があるため人材育成の手間がかかる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました