なんとなくわかる「ハードコード」

スポンサーリンク

ハードコード(hard coding)とは

ハードコード(hard coding)とは、ソースコード内に本来は変数として格納して管理すべき値を固定値として直接記入するコーディングのことです。

システム開発を行うとき、運用中の保守性を高めるためにハードコードは行うべきではないとされています。固定値を直接ソースコードに記入した場合、固定値の変更が起きた場合にどこに固定値を書いたかをすべて探して書き換える必要があり手間がかかったり修正漏れが発生する可能性があります。

なので、コーディングするときは固定値であろうと別の場所に変数として固定値を格納してその変数を利用することで変更があった時に修正が簡単になります。

ハードコードを行う場面はシステム開発のテスト段階で特定の固定値の場合の動作を試すときなどがあります。

ハードコードによって入力された固定値をマジックナンバーといい、コメントアウトなどで数値の説明をする必要があり、それがないと何のための固定値なのかわからなくなってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました