なんとなくわかる「QoS(Quality of Service)」

スポンサーリンク

QoS(Quality of Service)とは

QoS (Quality of Service) とは、リアルタイム性を求められる通信において一定以上の通信速度を保証する技術で、ある特定の通信を優先して伝送させたり、帯域幅を確保することで通信を安定させます

システムにおいて「常にアクセス可能であり、サービスを提供し続けられること」は重要な要素であり、QoSはそれを行うために必要なネットワークの要素になります。

電話やTVの配信などリアルタイム性が求められる通信において遅延の発生はサービスとしての品質が著しく低下するため、通信を速度を保証する必要があります。

QoS (Quality of Service) の種類

通信品質を保つための手法は、帯域幅を確保する帯域制御と特定の通信を優先する優先制御の2つがあります。

帯域制御(bandwidth control)

帯域制御はネットワークや通信回線において、特定の基準にもとづき通信速度やデータ転送量をコントロールする方式です。大容量になりやすい音声や動画などのデータを送る帯域をあらかじめ確保して最高通信速度の制限および最低通信速度の保証を行います。通信キャリアのような誰かがデータを使いすぎている場合に通信制限を行うような方法も帯域制御に含まれます。

優先制御(priority control)

優先制御はネットワークや通信回線において通信パケットによって優先度を設定して優先度の高いパケットから通信する方式です。種類を分類して順位を決め、優先度の高い音声や動画などのデータを先に通すように誘導することで通信を遅延を回避することができる。しかし、優先度の高いパケットばかりになってしまうと優先度の低い通信が行えない問題点も存在する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました