なんとなくわかる「ファイブフォース分析」

スポンサーリンク

ファイブフォース分析とは

ファイブフォース分析とは、マイケル・ポーターの提唱する業界内における企業の競争力に影響を与える5つの要因のことを指します。5つの要因の影響が大きいほど企業の収益性が低くなりやすくなります

新規参入や新製品開発、ベンチャーの立ち上げ時などによってこれから発生する可能性のある収益性を検証するのに使われます。この分析によって新規事業がどの立ち位置に合って有利になるか不利になるか、どこからの影響が強く受けるのかを知ることができます。

5つの要因とは、業界内の競合、新規参入の脅威、代替品の脅威、サプライヤの交渉力、バイヤの交渉力を指します。

ファイブフォース分析の5つの要素

新規参入者の脅威

業界内に新規参入者が加わることで業界内のほかの企業の収益性に影響を与えます。影響が発生するかはその業界に新規参入行いやすいかが大きく関わります。その業界においてブランド力や知名度が著しく高い企業がある場合は新規参入しても売り上げが良くない可能性が高いため、新規参入されずに影響が発生しにくくなります。

バイヤの交渉力

購入者(バイヤー)の影響力が強いことによって企業の収益性に影響を与えます。購入者の影響力が強いと企業は購入者の交渉に応じて利益ぎりぎりまでの値下げをする必要が発生し、それによって収益が低下します。

競争者間の敵対関係

業界内の他社との競争によって収益性に影響を与えます。似たような商品の値下げ競争であったり、顧客の取り合いなど競合他社の力の大きさによって収益の低下が発生します。その企業がその業界を独占している状態では競争による影響力は少なくなります。

代替製品の脅威

企業の出した商品に似た商品や製品の出現によって収益性に影響を与えます。ほかの商品や製品で顧客が満足してしまうと自分の企業のものを買ってくれなくなるため収益の低下が発生します。

サプライヤの交渉力

売り手(サプライヤー)の影響力が強くなることで収益性に影響を与えます。製品やサービスを提供する際に必要なものを買う際に発生する経費が高くなってしまうことで売り上げにおける費用が高くなってしまい、結果として収益の低下が発生します。特に売り手が独占技術を持っている場合などはその売り手が金額を決めることができるため影響が大きくなりやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました