なんとなくわかる「ネットワークライフサイクル」

スポンサーリンク

ネットワークライフサイクルとは

ネットワークライフサイクルとは、現状のネットワークのニーズに合っているかを定期的にチェックし、ネットワークの構成の見直しを行うサイクルのことを指します。

ネットワークに利用されるプロトコルやハードウェアの処理性能は日々大きく成長するため、定期的に利用しているネットワークが適切かのチェックを行う必要があります。

ネットワークライフサイクルには企画・設計・構築・運用の4つのフェーズが存在します。

ネットワークライフサイクルの各フェーズについて

企画

経営目標や提供するサービス要件を分析し、要件定義を行う。

設計

ネットワークの信頼性の確保や・セキュリティ対策の強化・運用の管理のしやすさを考慮しながら、ネットワークに求められる要件を満たすために必要な機器やプロトコルの選定・構成設計・アドレス設計・収容設計・帯域設計を行い、設計書を作成する。

構築

設計書に従って、機器の設置・インストール、既存のネットワークからの移行作業、各種テストを行う。

特に移行前と移行後ですべての通信が同じように動作することをチェックします。

運用

ネットワークの稼働状況の監視、機器の保守・交換、故障統計管理、資源管理等の維持・メンテナンス作業を行う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました